イーファ・オドノヴァン

ブルーグラス

クルキッド・スティルって知ってる?プログレッシブ・ブルーグラス

日本ではニューグラスという言葉の方が馴染みがある気がするのだけど、どうも世界的にはprogressive bluegrass(プログレッシブ・ブルーグラス)という表現の方がメジャーっぽい。

そんなことはどうでもいいのだが、プログレ・ブルーグラスのクルキッド・スティル(Crooked・still クルキッドとはなかなか読めない)がなかなか面白い。今風、ニューグラスという雰囲気が漂いまくっている。

ブルーグラスとアイリッシュ系?の中間的な要素のある音楽という印象を受けた。

衝撃的だったのはこの曲だ。
ビル・モンローのCan't you hear me calling、コアなブルーグラスファンであればある程、想像しにくいアレンジじゃないかと思う。

Can't You Hear Me Calling - CROOKED STILL

ボーカルのイーファ・オドノヴァンのソロでの音楽とイメージが重なるので、彼女が中心的なバンドなのかもしれない。
Crooked Still 5Members;
Aoife O'Donovan:ヴォーカル
Gregory Liszt:バンジョー
Tristan Clarridge:チェロ
Brittany Haas:フィドル

クルキッド・スティルはこの5人で構成されるアメリカのバンド。
イーファ・オドノヴァン(Aoife O'Donovan)の特集はこちら

I Am An Orphan Girl - CROOKED STILL

アップテンポなブルーグラス。なかなかにカッコよい!


at Greyfox Bluegrass Festival, 2009.

 

When First Unto This Country - CROOKED STILL

続いては、きれいな曲だ。


at FreshGrass at MASS MoCA in North Adams, MA in 2017

クルキッド・スティルは2011年のレコーディングが最後になっている。その後は、ライブ活動だけのようだ。

理由は、イーファ・オドノヴァンがソロ活動に専念するため、といったことのようだ。

 

Look On And Cry - CROOKED STILL

きれいなブルーグラス、チェロのソロも聞きものだ。

 

Calvary - CROOKED STILL

クリス・シーリの”ライブ・フローム・ヒア” から。

 

The Golden Vanity - CROOKED STILL


2019年12月7日のChris Thile Showにて

 

The Golden Vanity - CROOKED STILL

Sometimes in This Country - CROOKED STILL

彼らのアルバムはクルキッド・スティルのWEBサイト:http://crookedstill.com/
6枚のアルバムがあるが買えないものもある。

このアルバムを持ってるけど(ダウンロード版)、なかなかいいよ。https://crookedstill.bandcamp.com/album/shaken-by-a-low-sound

-ブルーグラス
-, ,

Copyright© ブルーグラス&カントリー動画音源 , 2021 All Rights Reserved.