ザ・ピーターセンズ the petersens

ブルーグラス

ザ・ピーターセンズは最高に心地よいファミリーブルーグラス

The Petersens(ザ・ピーターセンズ)はミズーリ州ブランソンを拠点に活動する、ファミリー5人に友人が加わった6人のブルーグラスバンド。

アメリカのローカル・バンドなんだけど、メッチャいい!! アルバムを聴くとローカルバンドのレベルでは全然ない!

Music Closetというサイトからの引用。

もう初見で大興奮!癒しで興奮するなって感じですが…

メンバーの繊細な声から紡がれる何とも爽やかなハーモニー、親しい間柄でしか生み出すことのできないふんわりとした空気感、淡いカラーで統一されたセット、フィドル・バンジョー・アコースティック・マンドリン・コントラバス・ドブロ総出の、これぞブルーグラスという素晴らしいパフォーマンス。(ちなみにHPもとってもお洒落!)

端から端まですべてが最高で、あたたかで、穏やかな気持ちになれます。

公式サイト:https://www.petersenband.com/
petersenband.com

トリップアドバイザーで、ピーターセンズのショーがツアーに入ってるぐらい、地域の人気者であり、おすすめになってる。

ブルーグラスという枠を超えて、いろんな音楽サイト、それだけじゃなく、音楽と関係ないサイトでも紹介されています。日本で、です。
それぐらい The Petersens って、「秀逸」といっても言い過ぎじゃない音楽を聞かせてくれてます。

アルバムは公式サイトでは6枚あるけど、日本で買えるのはこれだけみたい(わたくしは3枚持ってます)。
ライブより、スタジオ録音の方が彼らのテクニックに驚かされる。マンドリンがメチャカッコいいし、ギターソロもセンスもバツグンなのだ。

でも、リラックスして、バックグラウンドで何となく聞こえてる、ぐらいの聞き方がベストな気はする。

The Petersens

Shenandoah - The Petersens live on Branson Country USA

 

High Sierra

 

Jolene - Dolly Parton

 

Gentle On My Mind

 

I Know Who Holds Tomorrow

 

blue

 

Amarillo By Morning

 

Fields of Gold

 

You're Still the One - The Petersens (LIVE)g

 

Wade in the Waterg

 

Cowboy Sweetheartg

 

メンバー紹介

ザ・ピーターセンズのメンバー(ドブロ以外は家族)について、本元のサイトからGoogle翻訳してみました。
それぞれの役割を見ていくとけっこう面白くて、ファンやパトロン(支援者)から寄付を募る役割とかもあるようです。

※ ザ・ピーターセンズ(2005年結成。アメリカ ミズーリ州ブランソン)

Katie Petersen|ケイティ・ピーターセン

バンドリーダー、フィドルプレーヤー、ソングライター
ケイティ・ピーターセン
ケイティはピーターセン家の長女でグループの音楽リーダーです。
ケイティは2014年にオザークス大学を卒業し、化学とスペイン語の学士号を取得しました。 卒業後、ケイティはイギリスのオックスフォードに移り、サミットミニストリーズオックスフォードプログラムを通じてC.S.ルイスと詩篇を学びました。

ケイティは素晴らしいソングライターであり、オックスフォードで彼女の好きな作家を研究することは常に彼女の夢でした。 最近では、ケイティの旅行への愛情からニカラグアに行き、プロジェクトホープを通じて学校で音楽と英語を教えました。 ニカラグアでの彼女の時間について詳しくは、こちらをご覧ください

現在、ケイティは生徒にフィドルとピアノのレッスンを教えることを楽しんでいます。もちろん、家族と一緒にブルーグラスを教えています。 ケイティの心に届く最善の方法は、コーヒーを飲むことです。

 

Ellen Petersen Haygood|エレン・ピーターセン・ヘイグッド

マーケティングディレクター、バンジョープレーヤー、Patreon(ペイトリオン)マネージャー
エレン・ピーターセン
エレンは、次女でバンジョープレーヤーです。エレンは、家族が最初のブルーグラスフェスティバルに参加していたときに最初にバンジョーを手渡されました。このフェスティバルでは、子供たちのお父さんが家族をブルーグラスバンドにすることを決定しました。

エレンは2014年に化学の学士号を取得してオザークス大学を卒業し、検査技師として働くためにオクラホマシティに移りました。その夏、彼女はバスツアーがブランソンを通過したときにアメリカンアイドルの楽しみのためにオーディションを受け、シーズンXIVでトップ48になりました

アメリカンアイドルの後、エレンは音楽にもっと集中するためにブランソンに戻り、ミズーリ州立大学でマーケティングの卒業証明書を取得してMBAを取得しました。

現在、エレンは家族のバンドのマーケティングをフルタイムで楽しんでおり、1月にブランソンの別の演奏家族であるThe HaygoodsのMichaelHaygoodと結婚しました。彼らの楽しいプロポーズと結婚式についてすべて読んでください!エレンを笑顔にする最良の方法は、生花の花束です。

 

Matt Petersenマット・ピーターセン

ギタープレーヤー、オペレーションディレクター
マット・ピーターセン
マットは長男で、男子の子供は彼だけです。彼はステージやバンドの運営で自分自身を保持しているだけではありません。 マットは2017年にビジネスの学士号を取得してオザークス大学を卒業しました。

卒業後、マットは外部予約を含むバンドのビジネス面のほとんどを運営し、ブランソンショーの技術面も担当しています。 バンドの外では、彼はランニング、サイクリング、私たちの教会で男の子のための小グループを率いることを楽しんでいます、そして彼はかなり素晴らしい2ステッパーです。 マットは、コメディーで各ショーをユニークで面白いものにすることに失敗することはなく、バンドの基盤を維持するという素晴らしい仕事をしています。

 

Julianne Petersen|ジュリアン・ピーターセン

マンドリンプレーヤー、アイローラー、YouTubeスペシャリスト
ジュリアン・ピーターセン
3女で、2017年からフルタイムのマンドリン奏者です。ジュリアンはバンドが2005年に始まったときにフィドルを演奏し、ステージで目詰まりを始め、常に聴衆のお気に入りでした。

ジュリアンは何年にもわたって私たちの家族のために多くの帽子をかぶっており、8歳の若さで彼らのために音と光を走らせました!

ジュリアンは、多くの人がYouTubeで私たちを見つけた理由でもあります。 彼女は私たちのオンライン旅行を支持し、別のYouTubeチャンネルで私たちの旅行の面白いvlogを作成して、私たちの家族生活についての楽しい洞察を提供しています。 ジュリアンは現在ジョンブラウン大学に通い、英文学を勉強しています。

 

Emmett Franz|エメット・フランツ

ドブロプレーヤー、作曲家、養子縁組でピーターセン家の一員に
エメット・フランツ
エメット・フランツはピーターセンズの最新メンバーであり、彼の価値観と音楽スタイルでバンドと完璧に調和しています。

エメットは彼の家族であるフランツファミリーと一緒に音楽を演奏し、20年間プロとしてツアーをして育ちました。 エメットは14歳でドブロを弾き始め、それ以来、国内で最も優れたドブロ奏者の1人になりました。 ドブロはブルーグラスやカントリーで主に見られる珍しい楽器であり、エメットは彼の並外れた味と想像力で楽器をまったく新しいレベルに引き上げることができました。

彼は現在演奏している最高のドブロプレーヤーの1人であり、彼の音楽は彼のWebサイトとSpotifyから入手できます。 エメットは2017年にピーターセンズと共演し始めましたが、彼をバンドのフルタイムメンバーとして迎えることを彼らはこれ以上光栄なことはないと思っています。

 

Karen Petersen|カレン・ピーターセン

ベーシスト、母、バンドチャプレン
カレン・ピーターセン
カレン・ピーターセンはピーターセンの母であり、真の聖人です。カレンはMOのマウンテングローブ出身で、音楽は常に彼女の人生の一部でした。彼女は学生時代を通してトランペットを演奏し、オクラホマ大学で音楽教育の修士号を取得しました。

彼女は、キリストのためのキャンパスクルセードを通じて夫のジョンに会い、23年以上にわたって空軍で彼を追いかけました。多くの人が私たちがどのようにして音楽を演奏することを学んだかを尋ねます、そしてそれのほとんどはこの才能のある女性に帰することができます。彼女の音楽に関する包括的な知識は、私たちが楽器を演奏し、調和して歌い、ハーモニーパートを歌うことを学び始めたとき、私たち全員を助けました。

カレンはバンドのマンドリン奏者として始まりましたが、2017年にジュリアンが学び始めたときにベースに切り替えました。彼女は壮大なベース演奏を超えて、ケイティがバンドのリハーサルのために曲を作り、ハーモニーラインを選ぶのを手伝っています。

彼女のマンドリン時代に、聴衆は「Get It、Mama!」と呼ばれる彼女のファンクラブを始めました。彼女がベースを演奏するとき、ショーを通してそれを叫んで彼女を励ますことを楽しんでください。

-ブルーグラス

Copyright© ブルーグラス&カントリー動画音源 , 2021 All Rights Reserved.